内容証明を送る必要がある、でも住所不?こういう時どうすればいい?

現在暮らしているところの住所不明という場合、何をするにしても困ります。例えば、お金を貸している人に督促を送りたいけれど住所不明になっているという場合、内容証明を送りたくても送る事が出来ません。でももし、前の住所がわかるようなら住民票を取得して現在の住所を確認することができます。

この場合、第三者が住民票を取得するという事になりますので、その理由をはっきり提示し、個人を証明する書類を確認してもらう必要があります。債務についての契約書などを持っていくといいでしょう。

旧住所もわからずでも内容証明を出しておかないと今後、困ることになるという場合、探偵事務所に依頼すべきです。旧住所などが分らない場合でも、以前勤めていたい職場や高級関係などから聞き込み、調査を行い、少ない情報からでもその人の住所を割り出すノウハウを探偵事務所が持っているはずです。

借金や離婚問題など、内容証明を送っておきたいという場合には、その期間が関連してくることもあるので、早急に探偵事務所に依頼し、現在の住所を突き止めるようにしましょう。借金問題の場合、時効という事もあるので早急に現住所を突き止める、若しくは裁判等を行って時効消滅を行うなど手段が必要となります。

ニセ探偵の詐欺事例をご紹介

人探しを依頼できるところといえば探偵社くらいしかありません。
そのため、その弱みに付け込む詐欺事例もあるので注意しましょう。


〜詐欺の手口〜

家出調査 詐欺マンガ1




家出調査 詐欺マンガ2

人探しを依頼できる大手探偵社の比較

全国対応かつ安心の大手探偵事務所(興信所)の比較です。ぜひ参考にしてください。


原一探偵事務所
原一探偵事務所


その他 探偵社
探偵社FUJIリサーチ


総合的に、原一探偵事務所がおすすめです。ただし、料金は安くありません。

※1日あたり8万〜について、難しい調査では1日20万円くらいかかる場合もあります。
その分、調査成功率が高く、短期間で済むことでトータル安くなるケースもあります。

↓↓多少高くても、実績・調査力はダントツなので、原一は必ず候補に入れましょう。↓↓

原一探偵事務所の詳細はこちら


※原一探偵社に相談する場合、↓の割引クーポンをご利用ください。

原一割引クーポン