住所がわからない 探す方法

住所がわからない人を探す方法

個人調査では限界があります。プロの力を借りましょう。

住所が全く分からないという状態で人を探す場合、その他の情報がとても重要になります。
氏名はもちろんですが、例えば仕事やアルバイトしていたところや、通勤・通学していた職場や学校、こうした情報が少しでもあれば、それを頼りに調査できます。

 

ただ個人で捜索するのはできないことも多く、ある程度まで絞り込むことができたとしても特定に至らないことがほとんどです。

 

住所がわからない場合など、個人で情報を得ることが難しいという場合は、探偵事務所に力を貸してもらいましょう。

 

探偵に頼らず自力で探すということは

あなたにも仕事など日々やるべきことがあるでしょうし、人探しに関しては未経験・素人でしょう。
限られた時間や条件の中で、特別なノウハウもなく数少ないヒントの中で人探しをすることになります。

 

それは例えば、仕事などで疲れて帰宅した後、分厚い1冊:ウォーリーを探せというあの有名な絵本を渡されて、
「この中にウォーリーが1人いるかもしれないから探してみて。1人も居ないかもしれないけど」
と言われて探すようなものではないかと思います。

 

せめて1人確実にいるのかは知りたいですよね。居ないかもしれないのに探し始めますか?
それも前半後半、できればどのページにいるか目星をつけた上で探したいですよね。

 

過去に人探しをした経験が数多くあれば、住所以外の情報からどこにいる可能性が高いのか目星をつけることもできます。

 

費用はかかりますが人探しのプロである探偵事務所に力を借りた方が、あなたが人探しを無理に頑張るよりスピーディな捜索を行えますし、あなたご自身が有意義に過ごせることでしょう。

 

どの探偵事務所がいいのか?

住所がわからないけれど、どうしても会いたいという人探し案件を数多くこなしてきた【 原一探偵事務所 】がおすすめです。
探偵事務所の仕事としては浮気調査が多いのが一般的ですが、原一探偵事務所は人探しの実績も豊富なので、小さな情報でも逃さず、そこから捜索を展開していきます。

 

テレビ番組で人探し調査の様子が放送されていましたので、要点をご紹介します。

 

幼少期、親のように自分を育ててくれたオジさんに会いたい

  • 人探しの依頼者:女性(20代後半)
  • 女性は孤児のため幼少期は施設で育った
  • とあるオジさんがよく施設に会いに来てくれて、おもちゃなどのプレゼントも買ってくれた
  • 親がいないその女性は、そのオジさんを父親のように慕っていた
  • しかし、10代のある日を境に、オジさんが施設に来なくなり、会えなくなった
  • 女性は最近結婚し、子供もできて、オジさんのおかげで今幸せですと伝えたい
  • でも、住所はもちろん、名前も正確にはわからない
  • 施設に聞いても氏名くらいで、現在の住所を特定できる情報は無い

 

こんな状態でも、施設への再度ヒアリングし、オジさんの氏名、当時の背格好・手元に残っているプレゼントなどをヒントに、
「チームで調査→あたりをつけては聞き込み」を地道に地道に繰り返し続け、最終的に住所を特定していました。

 

探偵がそのオジさんを見つけた後はどうなったの?

そのオジさんが(自分はもう年老いた状態なので)
「未来が明るいその女性の負担になるから、会わないほうがいい」と会うことを拒否したため、
オジさんには、その女性が赤ちゃんを抱きかかえた幸せそうな写真だけ渡し、
女性には会うこと拒否されたことと、オジさんは元気に暮らしている旨だけを伝えた、という結末でした。

 

原一探偵事務所は聞き込みや情報検索のノウハウを多数持ち、実績も多く、
何より、会いたいという依頼主の気持ちをしっかり心に置きながら捜索してくれることで評判が良い探偵事務所です。

 

24時間相談窓口がありますので、どうしても会いたい相手なのであれば、一度相談してみることをおすすめします。

 

ただし、探偵はボランティアではなく、事業として探偵業を行っています。
人探しとなれば大人数がその人を探すためだけに四六時中働く必要があるので、数十万円単位での費用がかかることを理解した上で、相談しましょう。

 

原一探偵事務所の詳細はこちら

 

※↓の割引クーポンを見逃さないようにご注意ください。

原一割引クーポン

 

大手探偵3社の比較表をはこちら 探偵を装った詐欺事例はこちら

 

住所がわからない場合、住民票に頼る事のない捜索を

相手の住所が不明という場合、人探しには致命傷です。

 

電話番号よりも何よりも居住先がわかるのが人探しの情報としては質が高い情報といえます。
県や市までわかっていてその先が分らない場合などは住民票や戸籍附票でも調べることができます。

 

もし探偵事務所に依頼する場合、住民票は取れるのでしょうか。

 

住民票は、第三者が正当な理由なく取得する事が出来ない書類です。
そのため、理由が必要となりますが、たとえば借用書などがある場合には、第三者でも取得できる場合もあります。

 

でもこの住民票に記載されている住所に人探しの対象者がいるとも限りません。

 

人に探されるのが嫌という人の場合、住所を転々とする、居場所を一か所にしないなど警戒をしているので、住所を住民票で特定するというのはとても困難な事でしょう。

 

探偵事務所の場合、住民票で調べることができる限界がある事も理解していますので、住民票などの公的機関発行書類に頼る事はありません。
そういったものを閲覧しなくても、人探しの情報はプロが探せば見つかることが多いのです。

 

相手の住所がわからないという場合でも、捜索対象者の一つでも多い情報を伝えてください。探偵事務所はその情報を元に、少しずつでも人探しの道を切り開いていきます。

 

大手探偵3社の比較表をはこちら 探偵を装った詐欺事例はこちら

 

離婚してから住所不明になることも多い

住所不明になる理由はたくさんあります。

 

例えば離婚です。

 

子供に会うことが約束されているなど、法律によってこうした約束事がある場合は別として、お互いに新しい生活に踏み出しているのですから、相手に住所を知らせる必要もないのです。

 

ただ、養育費支払いや慰謝料支払いを行っているのに、住所不明になるといった無責任な人も多いようです。

 

探偵事務所へ人探しの依頼で、離婚によって住所がわからなくなってしまったという方も多いのです。

 

離婚後、しばらくして引っ越しされ、その後住所が全くつかめないという場合もありますし、
離婚して長い年月がたち、何らかの理由から連絡を取る必要があるけれど、住所不明という場合もあります。

 

離婚するという事はこれまで婚姻関係にあった二人が他人になるという事ですし、いやな思いをして別れた相手に会いたくないという気持ちもあるでしょう。

 

でも、養育費の支払いや慰謝料の分割払いが嫌で住所不明になる方もいます。
こうした場合、探されることを意図して引っ越しされていることが多く、個人の調査での人探しは困難を極めます。

 

離婚後住所不明となった相手を探す場合、探偵事務所への依頼が確実かつ手っ取り早いです。

 

離婚問題で相手の失踪なども多々ありますし、探偵事務所では人探し案件は実は浮気調査の次の多いのです。
離婚してから相手が住所不明になったという場合などは、探偵事務所を大いに活用すべきです。

 

大手探偵3社の比較表をはこちら 探偵を装った詐欺事例はこちら

裁判中に行方不明よくあること

探偵事務所にはいろいろな案件が依頼されます。

 

不倫や浮気調査はもちろんですし、家出人捜索、失踪人捜索など様々です。中には相手にお金を貸していて返済しないことから裁判をお越し、その裁判中に逃げてしまったので探してほしいという依頼もあります。
もともと住所不明で探偵事務所に捜索を依頼し、債務者を探してもらいながら裁判の準備を整えるという方もいます。

 

探偵事務所に依頼して捜索しながら、訴えを起こす理由は、債券事項の消滅を防ぐメリットがあるからです。
債務に関しては民事の場合10年間という消滅時効期間があります。この期間内にもし債務者が見つからない場合、債権の時効にかかり何もできずに終わってしまう可能性があります。

 

裁判を起こしておけば、住所不明であっても判決を受け、相手の財産があればそれを差し押さえ、そこから支払を求めることができます。

 

探偵事務所に債務者の捜索を行ってもらっている間に、裁判を進め、判決となれば時効にかかることなく相手の財産を差し押さえることができるのです。

 

裁判中に対象者が失踪してしまうという事もありますので、こうした場合も早急に探偵事務所に依頼し、捜索を開始することが重要です。中には海外に逃げてしまう人もいますので、初動は早めがポイントです。

 

大手探偵3社の比較表をはこちら 探偵を装った詐欺事例はこちら

内容証明を送る必要がある、でも住所不明、こういう時どうすればいい?

現在暮らしているところの住所不明という場合、何をするにしても困ります。

 

例えば、お金を貸している人に督促を送りたいけれど住所不明になっているという場合、内容証明を送りたくても送る事が出来ません。

 

でももし、前の住所がわかるようなら住民票を取得して現在の住所を確認することができます。

 

この場合、第三者が住民票を取得するという事になりますので、その理由をはっきり提示し、個人を証明する書類を確認してもらう必要があります。債務についての契約書などを持っていくといいでしょう。

 

旧住所もわからずでも内容証明を出しておかないと今後、困ることになるという場合、探偵事務所に依頼すべきです。

 

旧住所などが分らない場合でも、以前勤めていたい職場や高級関係などから聞き込み、調査を行い、少ない情報からでもその人の住所を割り出すノウハウを探偵事務所が持っています。

 

借金や離婚問題など、内容証明を送っておきたいという場合には、その期間が関連してくることもあるので、早急に探偵事務所に依頼し、現在の住所を突き止めるようにしましょう。
借金問題の場合、時効という事もあるので早急に現住所を突き止める、若しくは裁判等を行って時効消滅を行うなど手段が必要となります。

 

大手探偵3社の比較表をはこちら 探偵を装った詐欺事例はこちら

ニセ探偵の詐欺事例をご紹介

人探しを依頼できるところといえば探偵社くらいしかありません。
そのため、その弱みに付け込む詐欺事例もあるので注意しましょう。


〜詐欺の手口〜

家出調査 詐欺マンガ1




家出調査 詐欺マンガ2

人探しを依頼できる大手探偵社の比較

全国対応かつ安心の大手探偵事務所(興信所)の比較です。ぜひ参考にしてください。


原一探偵事務所
原一探偵事務所

ISM調査事務所
ISM調査事務所

総合的に、原一探偵事務所がおすすめです。ただし、料金は安くありません。

※1日あたり8万〜について、難しい調査では1日20万円くらいかかる場合もあります。
その分、調査成功率が高く、短期間で済むことでトータル安くなるケースもあります。

↓↓多少高くても、実績・調査力はダントツなので、原一は必ず候補に入れましょう。↓↓

原一探偵事務所の詳細はこちら


※原一探偵社に相談する場合、↓の割引クーポンをご利用ください。

原一割引クーポン